カンガについて
About Kanga

カンガの歴史

 

カンガ( Kanga )とは?

カンガとは、東アフリカの女性たちによって着用されている色鮮やかなプリント布です。

形は長方形(約160×110cm)、素材はコットン100%。

布の周りに縁取りのあるデザイン。その中にさまざまな模様が描かれています。中心部より下の辺りに “ジナ” と呼ばれるスワヒリ語のメッセージが記されているのも大きな特徴です。
 
カンガデザイン
 
東アフリカの女性たちは、カンガを使って自由におしゃれを楽しみます。巻いたり、纏ったり、身に着けるだけでなく、物を包んで風呂敷のように使ったり、日焼け防止のショールにしたり、人々にとってカンガは生活に欠かせない大切なものとして受け継がれているのです。
 
 

ルーツ & デザイン


 
カンガの起源には諸説ありますが、一般に唱えられているのは19世紀中頃、ザンジバルやモンバサ( タンザニア、ケニアの海岸部 )に住む女性たちが、6枚のハンカチを縫い合わせて用いることを思いついたのが始まりだと言われています。

その後、海岸部の商人が、この大きさの1枚の布をザンジバルで販売し始めました。

この布の初期のデザインは濃い色の地に白い斑点のパターン。まるでホロホロ鳥(スワヒリ語でカンガ)の羽模様に似ていたことから、「カンガ」と名付けられました。
 
当店、カンガ屋 katikati のロゴマークは、この愛らしい姿をしたホロホロ鳥がモチーフとなっています。

 
 
 

使い方

テーブルクロススリングふろしき

 
カンガには100通り以上の使い方があると言われています。
スカートやエプロン、ストールなど、身に着けるだけでなく生活のいろいろな場面で活躍しています。赤ちゃんをおんぶしたり、抱っこしたり、男性は寝巻きとして使う方が多いようです。

東アフリカのリゾートホテルでは、空間を彩るお洒落なインテリアとしても重宝されています。テーブルクロスやソファーカバーに使えばお部屋の雰囲気はガラッと変わるでしょう。独特の柄が自然の中で映えるので、レジャーシートなどアウトドアの場面でも活躍が期待できますよ。

 

ファブリックボード

 

セイイングについて

カンガの中央に記されているメッセージを「 Jina 」( ジナ = セイイング )といいます。
ことわざや人生の教訓、愛のメッセージなどがスワヒリ語で記されていています。セイイングの意味は難しく、解釈も人によって異なります。セイイングの中に独自の宗教観や生活習慣の違いを見つけることができるでしょう。カンガとの出逢いはフィーリング、奥深いカンガの世界をお楽しみください。
 

セイイング
 

“ TABIA NJEMA NI UTAJIRI WA MAISHA ” 良い習慣は、それだけで人生の富となる

 
エスニック柄
 

“ UPENDO NI NURU YA MAISHA ” 愛は人生の光である

“ WAWILI WAKIPENDANA ADUI HANA NAFASI ” ふたりが愛し合えば、敵はいない

“ TUSISHIKE UNAFIKI TUDUMUISHE URAFIKI ” 偽善はやめて、友好を築こう

“ MLILA KWA MLIMA HAZIKUTANI ” 山と山が会うことはない(人と人は出会うことができる)

“ HERI KWELI UCHUNGU KULIKO URONGO TAMU ” 甘い嘘より辛くても本当の幸せ

“ HERI KUISHI NA PAKA KULIKO VISIRANI HAWA ” こんな不幸をもたらす人達といるより、猫と暮らしたほうがまし

“ TUNAPENDA AFRICA YETU ” 私たちはアフリカを愛する