カンガの水通し方法
care with water

『 水通し 』とは?

洋裁用語で生地をあらかじめ水に通して縮め、布目を整えることを言います。

カンガを水通しする目的は下記のとおり。
 
・ コーティングされているノリを落とし、生地を柔らかくする。
・ 水に濡れても色が滲むのを防ぐ、色落ちを防ぐ。
・ 布目を整える。

 
カンガを身に付ける(スカートやショール、パレオのように使う)、
風呂敷のように包む(ヨガマットに巻いて持ち運ぶ)、
ソーイング、洋裁(カンガでアイテムを作る)、
インテリア(テーブルクロスやカーテン、ソファカバーなど)として使う、
などなど、たいていの場合は、購入後に『水通し』することをお勧めしています。
 
水通しをしていないとカンガが濡れた時に、色が滲んでしまうことがあるためです。水通しをしておけば、水に濡れることを気にせずに使うことができます。

 

【 カンガの水通し方法 】

洗濯機を使って、カンガを簡単に水通ししましょう。
 

1.カンガを一晩、お湯に漬けこんでおく。

表面のノリを落とすことが目的です。カンガを一晩、お湯(お風呂の後のお湯などでOK)に漬けこんでおいてください。複数のカンガ(色違いも)を同時に入れても色移りはしません。カンガが水面に浮かないように沈めて、しっかりとかき混ぜて表面のノリが落ちるようにしましょう。

ノリの強いカンガは、しっかりノリを落とすことが一番重要なポイントです。ノリを落とせていなければ、この後、繰り返し洗濯しても生地はなかなか柔らかくなりません。
 

2.カンガを洗濯機で洗う。

汚れがあるようでしたら、中性洗剤を入れて洗って下さい。
はやくカンガを柔らかい状態にしたい場合には、柔軟剤の使用をお勧めします。

※複数のカンガ(色違いでも)を同時に洗濯機に入れても色移りはしません。
※カンガのみを洗濯すること、他の洗濯物と一緒に洗わないでください。色移りする可能性があります。
 

3.洗濯が終わったらすぐに干す。

※濡れたままカンガを放置しないようにしてください。
※強く引っ張って干さない。形が崩れたまま乾いてしまいます。
 

4.スチームアイロンを使うと綺麗にシワが伸びます。

※最もきれいにアイロンがかかるのは乾ききる前の半濡れの時です。
 
 
以上です。これでカンガが水に濡れて色が滲む心配が無くなります。
カンガを末永く愛用していただくために、ぜひ水通しにチャレンジしてみてください。

すぐにカンガを柔らかくしたい場合には、お湯に漬け込んでしっかりとノリを落とし、2~3回柔軟剤を入れて洗濯すれば柔らかくなると思います。
 
 
カンガは両端が切りっぱなしの状態です。水通しをすると、端の切りっぱなしの部分が手ぬぐいの端のような状態になります。使い方によっては(ホツレを防ぐために)、端を縫って使うことをお勧めします。
 
 
【 色落ちを防ぐために 】

原則再販がなく、同じデザインを手にできる機会はほとんど無いというカンガです。可能な限りカンガの色落ちを防止したいという場合には、“ 色止め ”という方法もあります。
 
お酢と塩を入れると、酢に含まれるクエン酸等の成分が繊維と染料を結びつけ、色止めする効果があると言われています。また、塩に含まれる塩化ナトリウムも繊維に染料を定着させる働きがあるため、色止めの効果があると言われています。手順は下記の通りです。
 

上の項で紹介させていただいた、水通しの工程「1.購入後、カンガを一晩、お湯に漬けこんでおく」の後、「2.カンガを洗濯機で洗う」の前に、一度漬けこんでいた水を取り換え、きれいな水の中に酢と塩(どちらも大さじ1)を加えて混ぜ、再びカンガを10分ほど漬け置きします。

その後は、水通しの工程「2.カンガを洗濯機で洗う」に戻り、通常の水通しの作業を進めます。この場合、中性洗剤は使わず水洗いで洗濯してください。