マサイ布 / マサイクロス の魅力
Maasai shuka / blanket

 

今回は ” マサイ布 “ のお話。

Katikati では、マサイ布をお求めになる約半数が男性のお客様です。

全体の約9割が女性のお客様である katikati にとって、

マサイ布はちょっと特別なアイテムであるように感じます。

 
マサイ族が身につけている布だからマサイ布。

決まった呼び名があるわけではなく、

「マサイシュカ」( shuka:スワヒリ語でdown、clothという意味 )、

「マサイブランケット」、「マサイクロス」などと呼ばれています。

 

マサイ族 マサイ布 マサイクロス

 

マサイ族にとって神聖な色、赤を基調とするデザイン。

ケニア以外では、どのように使われているのでしょうか?

 
温かみのある色合いが人気で、

ソファーや布団の上に掛けたり、

冬の部屋を彩るインテリア・アイテムとして利用されています。

女性は、ポンチョのように羽織って身に着ける方もいます。
 
また、アウトドアシーンではレジャーシート、防寒用のブランケットとして

車に乗せておいてもオシャレで便利です。

 
マサイ族 マサイ布 マサイクロス

 
 
本場ケニアでは、裏地がフリースになっているものや、

レジャーシートになっているタイプのものも販売されています。
 
ケニアのアイテムとしては珍しく、軽くて暖かいアイテム。

秋冬を彩るアイテムとしてご好評を頂いています。

 
赤道直下のケニアなのに暖かいマサイ布

それをちょっと深く考えると、「一日の中に四季がある」と言われる

マサイが住むサバンナの寒暖の過酷さが伝わってきます。

 
 

★☆ マサイ族のブランケット 商品ページへ! ☆★

 

マサイ族のマサイシュカ