文字なしカンガ!? African design
Kitenges

アフリカンプリント

アフリカンプリント
 

上のデザインをご覧ください。

まるで、オーストラリアの先住民が描くアボリジナル・アートのような神秘的なデザイン。実はこのデザイン、東でも西でも多く見られるアフリカンプリントの定番デザインです。

 

 
このデザインは何なのか?カンガなのか?

調べてみると、1984年にアフリカで出版された『 kangas : 101uses 』 ( カンガの使い方が紹介されている冊子 )に、同じようなデザインが紹介されています。
 
そして、カンガではなく “ Kitenge(キテンゲ)”と紹介されています。

 
 

キテンゲと言えば、下の写真のような同じ柄が連続したデザインが特徴のアフリカンプリントのことを指すことが一般的ですが、それともかなり違う雰囲気です。
 
アフリカンプリント

↑ キテンゲ。西アフリカではパーニュと呼ばれる。

 

アフリカデザイン 生地 種類 エスニック柄
 

再版があり、長い間作り続けられていることやアフリカ各地で良く見られることなどを考えると、このデザインは、ヨーロッパからアフリカに持ち込まれたアフリカン・プリント(パーニュやキテンゲ)の一種であり、アフリカをイメージして作られた、昔のデザインだと考えるのが妥当ではないかと思います。

 
 
アフリカデザイン 生地 種類 エスニック柄
今回参考にさせてもらった『 kangas : 101uses 』は、

アマゾンで翻訳・改定版が購入できます。
 
「 カンガ・マジック101 」
一枚の布で楽しむ東アフリカ・シンプルライフ

 
http://goo.gl/1f5mXE