書籍【 アフリカンプリント~京都で生まれた布物語 】

今回は、書籍のご紹介。
今年5月に出版された「アフリカンプリント 京都で生まれた布物語」(青幻舎)を紹介します。
 
内容はざっくり説明すると、最近よく見かけるようになったアフリカンプリントは、1960~70年代に、日本でもつくられ現地へ輸出されていたというお話です。
 
出版前に当店にも連絡があり、本の最後で紹介しているアフリカンプリントを扱っているお店のリストに掲載させてほしいという話でした。
 
出版後、送っていただいた本を読んでみると、想像を超えた情報量と内容に驚きました。
とても流行りで作られたという内容ではなく、アフリカンプリントについて知ろうとした時、読んでおくべき貴重な一冊になっていると思います。特にアフリカンプリントについて日本語で書かれた書物は少ないため、ぜひ興味のある方はご覧になってみてください。オススメします。

 

アフリカ布ブック
 
アフリカンプリント 京都で生まれた布物語

監修:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
著:並木誠士、上田文、青木美保子 著
□ 判型:A5
□ 総頁:168頁
□ 製本:並製
□ 定価:2,500円+税