田無「やおよろずのさんぽ市」 に出店しました。
news - Yaoyorozu

 

みなさん、連休はいかがお過ごしでしたか?
Katikatiは、田無神社で開催された
「やおよろずのさんぽ市」に出店しました。

 
ネットでの接客とは違って、
直接お客様と触れ合える機会は
とても勉強になったし、楽しかったです。

 
地域の活性化を目的として神社で行われたイベントには、
たくさんの人々が集まり、
会場は賑やかで暖かな雰囲気に包まれていました。

 

アフリカ雑貨 田無なおきち

 
朝 9:00スタート。

開店準備をしていると、さっそくお客様がやってきました。
「ネットを見て来ました」
最近 Katikati を知ったというお客さま、数日前にカンガの注文を頂いていました。
直接お会いできたことも嬉しかったのですが、
なんと、朝一で横須賀から来てくれたということで、ビックリです。
「コレが見たかったー☆」
そう言って、フェルトのぬいぐるみをご購入。ありがとうございました。

 

オープン早々、驚きで始まったさんぽ市。
Katikatiには終始、たくさんの人が興味を持って足を止めてくれました。

 

お客さまを最初に惹き付けたのは、
しっかりとディスプレイしてアピールした
『 カボチャバッグ 』 と 『 ヨガマットケース 』
独特のデザインと、丁重なつくり、
ネットで好きなカンガを選んでオーダーできるというシステムに感心してもらえました。

 

アフリカ雑貨 田無なおきち

 
今回、最も好評だったのが
ハンドメイド作家さんと制作したバッグです。
カンガの柄を活かした機能的なバッグはどれも一点モノ。
興味を持って手にとって頂ける機会が多く、すべて完売となりました。

 

カンガの売れ行きも好調。
どうしたら本場ケニアの露店のように、楽しんでカンガを選んもらえるだろうか?
そう悩み続けて思いついた展示方法を実施。

2mのスタンドを設置して、気になったカンガを一枚ずつ広げて眺められるようにしました。
カンガの大きさとデザインを一目で見られる実店舗ならではの見せ方は、
驚きと喜びを持って受け入れられ、多くのお客様に楽しんでもらえました。

 
アフリカ雑貨 田無なおきち
また、心に残るエピソードとして
30半ばぐらいでしょうか?男性のお客さまがやって来ました。

「一日会場にいて、ずっとこのバッグが気になっていました。」

「もうすぐ、実家に帰るのです。母のプレゼントに購入したい。」

そう言って、トートバッグをご購入。
 
とても嬉しかった。
そして、バッグを手にして帰ってゆくお客様の後ろ姿に、
自分も母親を大切にしているだろうか?
そんな風に思いました。

 

まだまだ、始まったばかりで大変なKatikatiですが、
日々たくさんの人の人生に触れ、学ぶ機会を与えてもらっています。
今回の出店も、実り多き一日となりました。

 

今後もたくさんのお客さまに喜んでいただけるように
機会をつくって、いろいろな場所に出店してゆきたいと思っています。

 

イベントに来ていただいたお客さま、本当にありがとうございました。

また、イベントを主催、招待していただいた
「田無なおきち」「ユニココ」さん、ありがとうございました。
ぜひ、また声をかけてください(^^)

 

アフリカ雑貨 田無なおきち

 

田無なおきち
http://tanashi-naokichi.com/

株式会社ユニココ
http://www.uni-coco.com/