カンガの特徴
the feature of kanga

 

カンガはアフリカで使うことを目的につくられているため洗濯に強く、すぐに乾き、使い込むほどに肌ざわりはやさしくなるという特徴があります。

「 ワックスプリント 」と呼ばれるタイプの布で、インドネシアのろうけつ染め(バティック)がそのルーツです。
アフリカ規格のシンプルな布のため、織りムラや版ズレなど先進国で流通する完璧な商品ではありません。しかし、カンガがもつ生命力に満ちた力強い色彩、どこか懐かしいデザインが豊かな表情を見せてくれます。すべての要望に応えられる布ではありませんが、カンガだけが持つ独自の魅力が世界中にファンをつくっています。

 

カンガの魅力は「色彩の豊かさ」「デザイン」そして「希少性」だといわれます。
色彩は原色の組み合わせから伝統的なモノトーンまで、モチーフは草花や動物、伝統的な模様など何千何万種類にもなります。同じデザインでも色の組み合わせが違っていたり、毎年新しい柄が300種類は発表されるといわれています。製品を作る環境や管理が先進国とは違うため、同じ製品と出会うことはめずらしく、二度と手に入らないモノもあります。

 

カティカティでは、カンガの色やデザインが重要だと考えています。そのため買付は現地に住む日本人が直接小さなお店をまわり、日本人の好みにあった個性的なカンガをセレクトしています。現地の人々と同じように小売店での買付となるため、同じデザインのカンガを大量に仕入れることはありません。

無限の多様性をもつといわれるカンガ。自分だけのお気に入りと巡り会えたとき、カンガをもつ喜びと愛着はさらに増すことでしょう。手間と時間をかけて日本へやって来たカンガとの『 一期一会 』をお楽しみください。

 

ファブリックボード

 

★☆ もっと詳しくカンガを知りたい!というお客様へ ☆★

 
当店のブログでは、カンガのデザインや歴史、東アフリカではどのように使われているのか?など、もう少しカンガを深く掘り下げた内容をご紹介しています。
 
興味のある内容や、もっと詳しい内容を知りたい!という場合には、ページの一番下にある 「 いいね 」 や 「 ツイート 」 ボタンをクリックしてみてください。人気のあるトピックは、関連した内容の投稿を更新してゆきます。よろしくお願いします。

 
< カンガの歴史 ・ 文化 >

ザンジバル – スワヒリ文化のはじまり

アフリカ布 カンガ という贈り物

 
< セイイング >

カンガ ・ セイイング - Jina(ジナ)

アフリカ布 「 カンガ 」 セイイング は面白い – Jina

” Jina ” カンガ ・ セイイングの奥深さ

カンガ メッセージの翻訳 『 jina (ジナ) 』

アフリカ布 カンガの翻訳について

 
< デザイン >

アフリカ布 「 カンガ 」 デザインの独自性 – Pindo

アフリカ布 「 カンガ 」 デザイン – 星のモチーフ

細部が違う!カンガ ・ デザインの魅力

無言のメッセージ – カンガ デザイン