カンガについて
about kanga

KANGA (カンガ)とは?

カンガのバリエーションは多彩

バリエーションは多彩

 

カンガとは、東アフリカに伝わる色鮮やかな民族布です。

19世紀中ごろ、コースト地方(ケニア、タンザニア)の港町に住む女性たちの間で流行したのが始まりとされています。その後、東アフリカで広く愛用されるようになりました。

形は長方形( 約160×110㎝ )、素材はコットン100%。布の周りに縁取りがあり、その中にさまざまな模様が描かれています。

東アフリカの女性たちはカンガを使って自由におしゃれを楽しみます。衣服だけでなく日焼け防止のショールやバッグなど、人々にとってカンガは生活に欠かせない大切なものとして代々受け継がれているのです。

 

 

 ルーツ&デザイン

カンガとは

KANGAのルーツ

 

カンガとはスワヒリ語でホロホロ鳥という意味です。

ルーツとなった黒地に白い斑点の布、それをまとった人の姿がホロホロ鳥に似ていたことから「カンガ」と呼ばれるようになりました。katikati のロゴマークは、この愛らしい姿をしたホロホロ鳥がモチーフです。

カンガの初期デザインはジャワ更紗の模倣、20世紀になるとアフリカ人の好みを取り入れて原色同士の組み合わせが多くなり、バリエーションも豊かになりました。中でもカシューナッツや果実のモチーフは豊作の意味が込められていて多くの人々に愛されています。

「 Jina 」( ジナ = セイイング )と呼ばれるスワヒリ語のメッセージが記されるようになったのもこの頃です。

 

 使い方

テーブルクロススリングふろしき

 

カンガには100通り以上の使い方があるといわれています。

服を作ったり、赤ちゃんをおんぶしたり、スカートやエプロン、ストールなど、男性は寝巻きとして使う方が多いようです。身に着けるだけでなく生活のいろいろな場面で活躍するカンガ。テーブルクロスに使えばいつもとは違った雰囲気を演出できるでしょうし、独特の柄が自然の中で映えるのでレジャーシートなどアウトドアの場面でも活躍が期待できるでしょう。東アフリカのリゾートホテルでは、ソファやベッドカバー、ファブリックパネルなど空間を彩るお洒落なインテリアとしても重宝されています。

 

ファブリックボード

 

セイイングについて

カンガの中央に記されているメッセージを「 Jina 」( ジナ = セイイング )といいます。

ことわざや人生の教訓、愛のメッセージなどがスワヒリ語で記されていています。セイイングの意味は難しく、解釈も人によって異なります。セイイングの中に独自の宗教観や生活習慣の違いを見つけることができるでしょう。カンガとの出逢いはフィーリング、奥深いカンガの世界をお楽しみください。
 

セイイング
 

” TABIA NJEMA NI UTAJIRI WA MAISHA “  良い習慣は、それだけで人生の富となる。

 
エスニック柄
 

” UPENDO NI NURU YA MAISHA “  愛は人生の光である。